季節の風を追いかけて

rosycote.exblog.jp

季節の花や風景を写真でつづるフォト日記

ブログトップ

タグ:日光東照宮 ( 4 ) タグの人気記事

久しぶりの日光詣で

宇都宮に用が出来て行くことになったので
久しぶりに、日光まで足を延ばすことにしました。
ついでのお出かけで、ゆっくりできないのと、お天気が崩れそうだったので
ざっとめぼしい所だけ寄って来ました。

二荒山神社の東照宮からの入口。

b0356401_23332212.jpg


ユキノシタが咲いています。

b0356401_23334385.jpg


神社の境内。

b0356401_23340675.jpg


ここで結婚式に遭遇してしまいました。
神社で結婚式を見ると、すごく縁起がいいそうです。

b0356401_23345047.jpg

幸せのおすそ分けを、ありがとうございます。
末永くお幸せに!

正面の鳥居。

b0356401_23350555.jpg


鳥居から左を見ると、家光公の大猷院があります。

b0356401_23352312.jpg
b0356401_23353610.jpg
b0356401_23355334.jpg


東照宮の方へ向かいます。
東照宮と二荒山神社を結ぶ道には、きれいな水が流れる水路があります。
その水路の周りで見つけた植物たち。

b0356401_23362453.jpg
b0356401_23364501.jpg


トトロが出てきそうな、苔むした切株。

b0356401_23370350.jpg


奥が東照宮。陽明門の改修工事が終わったそうで、そのうちじっくり来てみたいと思います。

b0356401_23372126.jpg


参道を下って、神橋へ向かいます。

b0356401_23374486.jpg


草花を見つけながら、歩いて行きます。

b0356401_23384434.jpg


神橋。下を流れる大谷川の水がとても綺麗に澄んでいます。

b0356401_23390855.jpg


神橋の入口には七夕飾りがあり、風鈴祭りをやっています。

b0356401_23392895.jpg

風鈴が風に揺れて、綺麗な音を響かせています。
b0356401_23394302.jpg
b0356401_23402208.jpg


ちょうどここまで来たところで、雨が降り出し、ここで帰ることに。
天海大僧正と板垣退助の像を拝んでから帰ります。

b0356401_23403412.jpg
b0356401_23404722.jpg

帰る途中で見つけた紫陽花がとても綺麗でした。



by mlainsaa831611 | 2017-07-16 00:17 | 風景 | Trackback | Comments(0)

田母沢御用邸を後にして、東照宮に向かいます。

b0356401_22400271.jpg


神橋の手前の道の両側に銅像が立っています。
交通量の多い道路脇にあるので、今までゆっくりと見る機会がありませんでした。

日光再興の恩人といわれる天海大僧正の像

b0356401_22401973.jpg


戊辰戦争の戦火から日光を守った板垣退助の像

b0356401_22403331.jpg


大谷川を渡って東照宮へ向かいます。
日光は山なので、坂道が続きます。

b0356401_22405253.jpg

途中綺麗な紅葉に励まされ、坂を歩いていきます。
b0356401_22410627.jpg
b0356401_22412338.jpg
b0356401_22413514.jpg
b0356401_22414665.jpg
b0356401_22420483.jpg
b0356401_22422053.jpg


二荒山神社へと向かいます。

b0356401_22423276.jpg
b0356401_22425104.jpg


門をくぐると笹の輪くぐりがありました。
縁結びにご利益があるそうです。パワースポットとしても有名です。

b0356401_22430399.jpg


奥は家光公の墓所のある輪王寺大猷院

b0356401_22431409.jpg


二荒山神社の参道を降りていく途中にも綺麗に色づいた紅葉が。

b0356401_22433065.jpg
b0356401_22434341.jpg
b0356401_22435926.jpg


参道の下には土産物店が立ち並び、多くの観光客たちで賑わっていました。

b0356401_22441336.jpg


神橋の方に戻って行きます。

b0356401_22442859.jpg

盛りだくさんの日光へのドライブでしたが
数時間前テレビで奥日光のことを放送しているのを見て
今度は絶対、中禅寺湖や華厳の滝にも行ってみようと思いました。


by mlainsaa831611 | 2016-11-20 00:11 | 風景 | Trackback | Comments(0)

最後に日光東照宮に行って来ました。
またまた参道でいきなり鹿2頭に出会ってしまいました。
参拝者たちが少し近づきすぎたので、驚いてすぐに逃げてしまいました。

b0356401_20513734.jpg


黒田長政が寄進した石鳥居を抜けると五重塔があります。
内部には心柱が吊り下がっていて、地震で揺れても倒れないようになっているそうです。
スカイツリーでもその工法が使われているということで話題になりました。

b0356401_20515643.jpg


表門の仁王像

b0356401_20521352.jpg
b0356401_20522506.jpg


上神庫

b0356401_20524116.jpg

中神庫

b0356401_20525286.jpg

b0356401_20531583.jpg


青銅鳥居と修復中の陽明門

b0356401_20532756.jpg


御水屋

b0356401_20534169.jpg


唐門
屋根の真ん中には夜を守る霊獣で唐獅子の一種の恙(つつが)
両側には昼を守る霊獣の龍がいます。
写真では切れてしまってますが、柱にはのぼり龍がいます。

b0356401_20540227.jpg

神輿舎
b0356401_20542642.jpg

眠り猫
b0356401_20543906.jpg

奥が鳴龍で有名な薬師堂
龍の絵が天井に描かれていて、顔の下で拍子木を鳴らすと
不思議なことに、鈴のような鳴き声が聞こえてきます。
b0356401_20545449.jpg

東インド会社から贈られた回転灯篭
b0356401_20550892.jpg

釣り灯篭
b0356401_20552390.jpg

鐘楼
b0356401_20553635.jpg
b0356401_20560064.jpg
陽明門や三猿などが修復中で見れなかったのは残念でしたが
至る所に施された当時の匠たちの緻密な彫刻に感銘を受け
さらに修復によって出現した狩野祐清の壁画を見たり、素晴らしい経験ができました。

数年後修復が済んで、再び綺麗な姿を見るのが楽しみです。



by mlainsaa831611 | 2016-08-04 22:14 | 風景 | Trackback | Comments(0)

日光の流鏑馬

日光東照宮春季例大祭・神事流鏑馬を見てきました。装束をまとった射手が約200mの馬場を疾走し、3つの的を射抜きます。あいにくの雨でしたが、時間を遅らせ、略式にて執り行うことになりました。神事が始まるころには降っていた雨もほとんど上がりました。
b0356401_20580303.jpg
b0356401_20581834.jpg
b0356401_20583274.jpg
b0356401_20584226.jpg
b0356401_20585631.jpg
b0356401_20590608.jpg
すごいスピードで馬場を駆け上がるので、シャッタースピードが間に合いません。でもこの速さで、美しい姿勢のまま的を射るということが、どんなにすごいことかと感心せずにはいられません。

b0356401_20591767.jpg
b0356401_20593038.jpg
的に当たった瞬間、観客席からは大きな拍手と歓声があがります。

b0356401_20594489.jpg
b0356401_20595637.jpg
b0356401_21001754.jpg
b0356401_21002990.jpg
b0356401_21004183.jpg
b0356401_21005468.jpg
b0356401_21012885.jpg
b0356401_21014139.jpg
b0356401_21015982.jpg
b0356401_21055680.jpg
b0356401_21073900.jpg
b0356401_21080136.jpg
b0356401_21082163.jpg
b0356401_21085257.jpg
b0356401_21102935.jpg




by mlainsaa831611 | 2016-05-18 22:01 | 風景 | Trackback | Comments(0)